• 株式会社河野解体工業
  • 第一金属株式会社
  • 埼玉エコロジー株式会社
KAWANO GROUP 新着情報

KAWANO GROUPの新着情報

建設廃材や資源をリサイクルする自社工場をもち、首都圏で建造物解体から廃棄物処理・リサイクルに自社施工で展開しているKAWANO GROUP。

「解体」、「産業廃棄物処理」、「資源リサイクル」の3つの事業領域と、これらを実務でつなげる「運搬部門」など、KAWANO GROUPにはあなたのやる気と技術を活かせるステージが必ずあります! 資格取得支援制度もあるので、新たな仕事としてチャレンジしたい方、スキルアップを目指す方にもピッタリで、それぞれのライフステージで長く働き、成長することができる環境です。

対象となる方

☆KAWANO GROUP の企業理念・ミッション・コンセプトに共感された方、興味をお持ちの方。

企業理念・ミッション・コンセプトについてはこちら≫

次の方々大歓迎です!

・環境を変えて、新たなチャレンジをしたい方
・建造物解体や廃棄物リサイクルに関連する仕事に興味をお持ちの方
・プロとして、経験・技術をさらに活かしたい方
・定年まで安定して長く働きたい方






桜並木

20160404105947.jpg

写真は、2016年4月2日現在の河野解体工業本社工場前の桜の様子です。

 

KAWANO GROUPで、がれき類や金属くずのリサイクルを行っている河野解体と第一金属の工場前面道路沿いには並木状に桜が植樹されています。事務所の窓越しにこの桜を眺めると、「ああ、今年も春になったんだなあ...」と新たなスタートの時期がやってきた実感が湧いてきます。

 

今年は開花早々、まさに花冷えと言ってもよい天候に見舞われていますが、なるべく長く目を楽しませてほしいものです。桜の花...やっぱりいいですね!

 

河野解体工業のリサイクル工場では、広く一般のお客様から、通常のコンクリートがらのほか、特大がら、大がら、重量物の現場造成杭や地中障害物、PC杭などの杭がら、玉石などが混じったがれき類の受け入れ処分を行わせていただいています。是非ご相談下さい。

 

自社のFゲートダンプで、東京都内周辺からの収集運搬・お引取りも行っていますので、お声がけいただけましたら幸いです。


お問い合わせフォームはこちら≫


恒例餅つき大会

KAWANOグループの年末恒例行事のひとつ、忘年餅つき大会が、今年も晴天のもとで盛大に行われました。

 

恒例行事となると、何となくその意味を忘れがちになってしまうので、今回、なぜ年末にお餅をつくのかを調べてみました。

 

お餅は、大切な食料のお米から作られる真っ白で丸い形のものであることから、霊が宿る神聖なものとされてきたもので、特に年末に作られるお餅は、新たな一年を見守ってくれる歳神様に捧げるお供えものとなったようです。これが鏡餅になるのですね。

また、そのお餅を食べることで生命力などの力が補われる意味があるようです。

 

KAWANOグループの餅つき大会では、ご近所の方々や社員とそのご家族の協力のおかげもあって、新たな一年の無事故無災害やそれぞれの家内安全を願った、完全な手作りのお餅がふるまわれます。

 

暮れの大騒ぎも終わり、来たるべき2016年のKAWANOグループと皆さまの"家内安全"を、そっと祈ってみたいと思います。

20160229085008.jpg

20160229085106.jpg

20160229085159.jpg

20160229085258.jpg

KAWANOグループの重要行事の1つである安全衛生推進大会が、弊社グループ全社員のほか、ご来賓、そして協力会社の多くの方々にお越しいただき開催されました。

私たちKAWANOグループの仕事は、一つの事故・ケガによってそれまで培ってきた信用を失うことになります。この機会に、「絶対に事故を起こさない」という決意をより強く、新たにし、「言い訳のできない事故は起こさない」という意識をもって一人ひとりが災害ゼロを目指しています。

また、KAWANOグループの各部門の仕事は「環境を整え、きれいにするビジネス」ともいえます。今年改訂されるISOの仕組みも活用しながら、安全衛生活動と同様に、環境活動も合わせることによって、お客様のためにも弊社グループの特性を活かしてまいります。

ご存知の方も多いかと思いますが、建設業における死亡災害要因のうち「墜落・転落」が4割以上と最も多く、その墜落・転落事故の約6割が「安全帯不使用」または不適切な使用によるものとなっています。さらに、今年度は東京労働局管内での建設業全体での死亡事故に占める「解体」の割合も増加しています。

そこで、今回の安全衛生推進大会では、安全帯使用法の実演説明(基本編)を行わせていただきました。模擬単管足場を会場内に設置し、講師自ら安全帯を装着して身振り手振りを交えながら、フックを架けるポイントや使用上の注意点などを説明しました。その模様を動画サイトにアップロードしましたので、ご興味のある方はご覧下さい。

安全帯使用法の実演説明(基本編)の動画を見る≫


20150828091719.jpg

20150828091742.jpg

建設廃材や資源をリサイクルする自社工場をもち、首都圏で建造物解体から廃棄物処理・リサイクルに自社施工で展開しているKAWANO GROUP。

「解体」、「産業廃棄物処理」、「資源リサイクル」の3つの事業領域と、これらを実務でつなげる「運搬部門」など、KAWANO GROUPにはあなたのやる気と技術を活かせるステージが必ずあります! 資格取得支援制度もあるので、新たな仕事としてチャレンジしたい方、スキルアップを目指す方にもピッタリで、それぞれのライフステージで長く働き、成長することができる環境です。

対象となる方

☆KAWANO GROUP の企業理念・ミッション・コンセプトに共感された方、興味をお持ちの方。

企業理念・ミッション・コンセプトについてはこちら≫

次の方々大歓迎です!

・環境を変えて、新たなチャレンジをしたい方
・建造物解体や廃棄物リサイクルに関連する仕事に興味をお持ちの方
・プロとして、経験・技術をさらに活かしたい方
・定年まで安定して長く働きたい方

top